疲れることはしない

読書・アニメの感想とかを気が向いたら書くところ

聖地巡礼についてのはしがき

完全に自己満な巷にあふれるブログ的なこのブログにも数日おきに数アクセスがあるのでネットはすごい。

大学で学芸大の千田洋幸先生の講義(通称文学部オタク講義、こんな感じで話題になった)のが今年の前期だったのだけど、今日なんとなく千田先生のブログを読んでいたら2016年版のスライドを見つけた。2.5次元的身体を与える近年のポップカルチャーの動向についてのものだったので、久々に聖地巡礼について考えていた。

アニメ・ゲームの聖地巡礼では、「虚構と現実の「あいだ」」の身体を巡礼者は獲得する。「アニメの風景を通して現実世界を見る」ことで「現実世界を上書き」する、というのがスライドに書いてあったこと。

響け!ユーフォニアムで登場する京阪黄檗駅近くのパン屋さん)

確かに聖地巡礼をしている時は現実世界の風景として、というよりはアニメの風景として眼前の風景を見ている。(もしかしたら宇治の河原の方が↑のようなパン屋さんよりはその度合いが高いかもしれないが、いずれにせよ「アニメの風景だ」というのがまず初めに来る。)

しかしここで、「(実写)映画やテレビロケ地の聖地巡礼とどのように違うのか?」という疑問が生じる。アニメの聖地巡礼の魅力について語った時はたいていその魅力を訝しむ聞き手のまなざしを(被害妄想的かもしれないが)感じ、「ほら映画とかと同じで」と言ったりするものだが、果たして同じなのだろうか。

それには映画の虚構性がアニメ・ゲームと比較してどの程度のものなのかということを考える必要がある。さすがに虚構性が低いと言ったほうが自然だと思うのでそうしておけば、「虚構と現実の「あいだ」」に自分が入り込んだという特有の感動的な感覚もまた薄いだろう。

映画の中の風景は当然現実に存在する風景として認識される。とすれば、映画の聖地に訪れて得られる感覚は「虚構と現実の「あいだ」」ではなく、「ここで撮影が行われていたのだ」という程度の、歴史的名所を訪れた時の感覚に近いのではないか。(TVロケもこれと同じかもしれない)

ただ、その聖地にいる時にキャラクター/演者と自らをどの程度同一視するかというのは問題として残りそうだ。川沿いの久美子ベンチに座って「俺は久美子だ」と思うのと、渋谷のセンター街を走り抜けて「俺は藤原竜也だ」(映画バトル・ロワイアル)と思うのとではどれくらいの違いがあるのだろう。映画は風景は現実でも登場人物自体は虚構(キャラクター)だから、虚構に重ね合わせる点ではアニメと同じ?いやでも違いはありそうだ。

来月またユーフォの聖地巡礼に行くことになっているので、周りながら考えてみたい。はたして自分は今この瞬間ここで久美子なのだろうか、とか。